入れ歯・ブリッジ・インプラント|中村公園駅エリアで歯科をお探しの方はエクラージュMデンタルオフィスまで

お電話での予約・お問い合わせ052-446-5004

電話予約

入れ歯・インプラント

入れ歯・ブリッジ・
インプラント
Denture & Bridge & Implant

当院の入れ歯・ブリッジ・
インプラントのコンセプト

当院の入れ歯・インプラントのコンセプト

失った歯を補う治療として、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどさまざまな方法が挙げられます。
それぞれメリットとデメリットがあり、「誰でも満足できる万能な治療法」というのはありません。お口の状態はもちろん、患者さまのライフスタイルなども考慮し、しっかりとカウンセリングのお時間をとってご相談しながらお一人お一人に適した治療法を決定いたします。
治療に際しては、単なる機能回復のみならず審美性も重視しており、歯だけでなく、口元や、お顔の見え方まで考慮して治療を行います。
ブリッジやインプラントに用いるセラミックの歯はオーダーメイドで、患者さまに合う自然で美しいものをご提案いたします。
入れ歯の人工の歯は形・色ともに豊富に取り揃えており、数百種類の中から選択可能です。
歯を1本でも失うと、他の歯も続けて失うケースが多くみられます。当院では失った部分のみを治療するのではなく、お口全体を一つの単位として考え、歯の損失を防げるような治療「予防補綴」を心がけています。
歯科医院に通っているのに、いつまでも歯とお口の状態がよくならない方は、くり返される歯科治療によって歯並びやかみ合わせのバランスが崩れてしまっているのかもしれません。この場合、もともと悪くなった部分を治療するだけでは改善しない可能性があります。当院では、健康的なお口の状態を長く維持するために、抜本的な治療をめざします。

担当医のご紹介

補綴治療担当 森 進吾

補綴治療のスペシャリストとして、
親身になって対応します

こんにちは。補綴治療担当の森 進吾と申します。
「補綴治療」という言葉は、聞きなじみがないかもしれません。失った歯を補う治療のことを指します。

お口の健康が良好なときはあまり感じませんが、歯を失ったことがある方の多くは「歯がないということがこんなに不便だとは思わなかった」とおっしゃいます。歯を失うと、食べ物を噛んで食べることはもちろん、会話や顔の表情など日常生活に大きな影響を及ぼします。

私は25年以上、補綴治療について専門的な治療を行ってきました。さまざまな補綴治療の経験をもとに、特に難易度が高い「精密入れ歯」「精密審美治療」「予防補綴」の3つの分野を自分の使命として取り組んでいます。

歯の機能性や審美性を回復し、快適な日常生活を取り戻せるようにできる限りのサポートをいたします。

培われてきた専門的な知識と先進技術をかけ合わせた治療

これまで歯科医療が長い月日をかけて積み上げた科学的根拠と専門知識によって受け継がれてきた技術に、デジタル化された先進的技術をかけ合わせた治療が当院の特徴です。

治療で型取りを行う際には、温度管理や混和比、硬化時間などを細かく計測して順守しています。また、材料の収縮率や膨張率を0.01%まで配慮し、お口の中の様子を精密に再現できるように努めております。

また、詰め物や被せ物などの補綴物は、各分野の専門知識を有する歯科技工士が担当しております。製作は歯科医師からの指示のもとで行うことが一般的ですが、当院では歯科医師と歯科技工士が綿密にコミュニケーションを取り、打ち合わせや情報共有を何度もくり返して治療にあたります。

患者さまのライフスタイルを考慮し、支障が出ないように必要に応じて仮の補綴物を装着することもございます。これは単に見た目を補うだけの仮歯ではなく、歯ぐきや歯周組織、顎口腔系の機能をサポートするとともに、最終的に製作する補綴物の試作品としての役割も担っています。

経歴

  • 1997年愛知学院大歯学部を卒業し、同大学の歯科補綴学講座に所属
  • 1998〜2011年医療法人清雅会勤務
  • 2008年歯科医師臨床研修指導医
  • 2011年テレピアデンタルオフィス開設

所属

  • テレピアデンタルオフィステレピアデンタルオフィス

入れ歯・ブリッジ・
インプラントの3つの違い

入れ歯

入れ歯

失った歯が1本の場合からすべての場合まで、ほとんどの症例に対応可能です。外科手術や歯を大きく切削する必要がないので、身体への負担が比較的少ない治療法です。取り外しができ、お手入れや調整がしやすいことも特徴の一つです。
デメリットとしては、慣れるまで時間がかかる場合があることなどが挙げられます。

当院の特徴

ブリッジ

ブリッジ

歯を失った部分の両隣の歯に連結した人工歯を被せ、機能と見た目を補う治療法です。人工歯にセラミックを使用すると、自然な見た目で汚れが付着しにくく、衛生的です。残った歯の状態によっては治療が難しい場合があります。
デメリットとしては、例外もありますが両隣の健康な歯を削るケースが多いこと、残った歯の状態や位置によっては治療が難しい場合があることなどが挙げられます。

当院の特徴

インプラント

インプラント

人工歯根を顎の骨に固定し、その上に人工歯を装着する治療です。入れ歯やブリッジのような支えが不要で、健康な歯を削ることもないので、残っている歯に負担がかかりません。ただし、顎の骨や全身の状態によっては、治療が難しい場合があります。
デメリットとしては、他の治療に比べて治療期間が長くかかること、治療が終わった後のお手入れや管理がより重要なことなどが挙げられます。

当院の特徴

当院の治療の特徴

▶入れ歯

かみ合わせやお口の筋肉・粘膜を本来の状態に整えるために、治療用試作義歯をお作りします。この入れ歯をもとに最終的な義歯を製作するので、より機能的で使い心地のよい入れ歯が完成します。
豊富な入れ歯治療の経験を持つ歯科医師が、専門的な知識と先進技術を活かして精度の高い入れ歯製作を心がけております。丁寧な加工技術によって患者さまが納得されるまで調整を重ね、お一人お一人に適切な入れ歯をご提供いたしますので、難症例の方もご相談ください。

取り扱い種類

見た目の自然な「ノンクラスプデンチャー」
機能性の高い「金属床義歯」
機能性・審美性・快適性を兼ね備えた「テレスコープ義歯」
やわらかい内面の「シリコン義歯」
磁石で固定する「マグネット義歯」
特殊な固定装置を用いる「アタッチメント義歯」
白く若々しい人工歯でお口元を若返り「パールデンチャー」
抜歯と同時に一時的な入れ歯を装着する「抜歯即時義歯」

▶ブリッジ

過去の治療で「ブリッジは難しい」とあきらめていた方も、当院の精密な補綴設計と精度の高い治療によって可能になるかもしれません。さらに治療の確実性を高めるために、当院では症状に合わせて、仮歯を使いながら歯ぐきなどお口の組織や顎口腔系の機能を整える二段階治療を行っております。ブリッジをあきらめる前に、当院までご相談ください。
使用する材料はジルコニア、セラミック、金属など多様にそろえており、適したものをご提案いたします。
また、複数の歯の損失に対応できる「ロングスパンブリッジ」や歯を削らない「接着ブリッジ」など、幅広い治療に対応いたします。

▶インプラント

当院では、お口全体の機能性や審美性を考慮した補綴設計にもとづき、インプラントの埋入位置を決める「補綴主導型インプラント治療」を行っております。
撮影したCT画像と精密に再現した歯の模型を使い、3D画像解析ソフトを用いたコンピューターガイドシステムを採用。適した埋入位置を記録した「サージカルテンプレート」を作ってから手術を行うので、計画通りの位置にインプラントを埋入でき、安全性も高めることができます。
さらに、条件が整えば、歯ぐきを切開せずに小さな穴からインプラントを埋入する「フラップレス手術」が可能です。通常よりも術後の腫れや痛みが抑えられ、通院回数を減らせるなど患者さまの負担軽減につながります。